Top
子守話49 そらをとんだゾウ
タマゾウは ふきげんでした。
たんじょうびだというのに パパとママはようじででかけてしまい
もりのひろばで ひとりぼっちであそんでいたのです。
そこに タマゾウのおともだちのゾウたちが
パパやママといっしょに やってきました。
みんな はなにふうせんをくくりつけて うれしそうです。
ふうせんのせいで はながちょっぴりもちあがって
うれしそうなかおにみえるのでした。

タマゾウはますます おもしろくなくて いじけていました。すると
「タマゾウ おたんじょうびおめでとう」
1ぴきめのおともだちゾウが そういって
じぶんのはなにくくりつけたふうせんを タマゾウのはなにくくりつけました。
タマゾウのはなが ちょっぴりもちあがりました。
さらに3びきのおともだちのふうせんがくわわって
タマゾウのはなは すっかりさかだちしました。

こんどはタマゾウのみぎのまえあしに 4ひきのおともだちゾウが
ふうせんをくくりつけると みぎのまえあしが ふわりとうきあがりました。
つづいてひだりのまえあしも 4つのふうせんで ふわりとうきあがりました。
2ほんのうしろあしでたちあがったタマゾウは
おとなのゾウよりもおおきくみえました。

さあ いよいよ うしろあしです。
4つのふうせんをくくりつけると みぎのうしろあしが ふわり。
ひだりのうしろあしも 4つのふうんせんで ふわり。
「うわあ とんだ」
ひろばにあつまったゾウたちが かんせいをあげました。
みんなのふうせんのちからで タマゾウのからだがそらをとんだのです。

まえあしとひだりあしをゆっくりとうごかしてみると
タマゾウのからだはもっとたかくとびあがりました。
おや パパゾウとママゾウが とおくからちかづいてくるのがみえます。
せっせとはこんでいるのは おおきなおおきなケーキです。
パパゾウとママゾウは タマゾウのおたんじょうびをちゃんとおぼえていたのです。

そのとき タマゾウはおもいだしました。
「おたんじょうびのプレゼント なにがいい?」ときかれて
「そらをとびたい」とおねがいしたこと。
パパゾウとママゾウは なかまのゾウたちにたのんで
タマゾウのおねがいをかなえてくれたのです。
「パパ ママ ありがとう」
そらのうえから タマゾウはまえあしをおおきくふりました。

「タマゾウ そらからのながめはどう?」
とママゾウがこえをはりあげてききました。
「さいこう。よくみえるよ」タマゾウはそうこたえましたが
うれしなみだで もりのみどりがにじんで よくみえませんでした。
したのひろばでは そらからふってきたしずくに なかまのゾウたちがびっくり。
おおきなみずたまりができて みずあびをはじめるゾウもいます。

ひろばにおりたタマゾウをかこんで
なかまのゾウたちがおたんじょうびのうたをうたい
みんなでケーキをたべました。

タマゾウのなみだあめがふったあとのそらには
なないろのにじがかかっていました。
ふうせんが そらにおえかきしたようでした。


◆いまいまさこカフェ日記2009年3月5日(木)2歳児の言いまつがえ に掲載。
[PR]
by imaicafe | 2009-03-05 15:58 | story