Top
子守話102「どーもくんのうた」
司会「続いては、東京からお越しのたまちゃんのパパです」
パパ「どうも〜」
司会「初めてのステージ、緊張してらっしゃいますか」
パパ「どうも」
司会「あのー、緊張してらっしゃいますかと聞いているんですが……」
パパ「どうも」
司会「あ、ちょっと緊張しているようですね」
パパ「どうも」
司会「今日は何を歌ってくれるんですか」
パパ「どうも」
司会「真面目にやってください。何を歌ってくれるんですか」
パパ「どうも!」
司会「え?どうもって歌があるんですか?あ、失礼しました。では歌っていただきましょう」
パパ「♪どーもどーもどーも どーもくん 背中を開けたら、たまごが出てきたよ。たーまたーまたまたまごちゃん たまごを開けたら ど〜も〜 どーもくんが出てきたよ」
司会「ありがとうございました」
パパ「どうも」
司会「それにしても変な歌ですね」
パパ「どうも」
司会「ほんとにそんなへんてこなどーもくんがあるんですか?」
パパ「どうも!」
司会「あなたはどうもしか言いませんね」
パパ「どうも」
司会「もう結構です。お帰りください」
パパ「どうも〜」


◆今井雅子日記2010年01月17日(日)「どーもくんのうた」と「おおさかじいじごっこ」に掲載。
[PR]
by imaicafe | 2010-01-17 23:03 | story