Top
<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
子守話108「たまちゃんとママとリオくんいっぱいのおはなし」<
ママが たまちゃんを ほいくえんへ おむかえにいくと
げんかんに リオくんと リオくんママと たまちゃんがいました。

4にんで いっしょに かえろうとすると
せんせいが「ホールに たまちゃんが いますよ」と いったので ママは びっくり。
「あれえ? たまちゃんが ふたり いるの?」
そこに もうひとり ママが やってきて
ホールに いる たまちゃんを おむかえに いきました。
「あれれ ママも ふたり?」

すると こんどは 2かいから
リオくんと リオくんママが おりてきました。

なんと たまちゃんと ママと リオくんと リオくんママが
ふたりずつ ぜんぶで 8にんに なりました。

ふたりずつなんて なんだか へんだねと いいながら
8にんとも かえるほうこうが おなじなので いっしょに かえることになりました。

「ちょっと おにくやさんに よります」と ママが いうと
もうひとりの ママが 「わたしも」と いい
ふたりの リオくんママが 「わたしたちも」と いいました。
そこで 8にんで おにくやさんに はいると なんと そこには
たまちゃんと ママと リオくんと リオくんママが いました。
「あらまあ」と 3にんの ママと 3にんの リオくんママは 
おおやすうりの おにくを みたときよりも びっくりしました。

これで たまちゃんと ママと リオくんと リオくんママは 
3にんずつ ぜんぶで 12にんに なりました。

こんどは 「ちょっと やおやさんに よります」と リオくんママが いいました。
あとふたりの リオくんママと 3にんの たまちゃんママが
「わたしたちの」と いったので みんなで ぞろぞろと むかいました。

なんと やおやさんにも たまちゃんと ママと リオくんと リオくんママが いて
3にんの たまちゃんと 3にんの ママと
3にんの リオくんと 3にんの リオくんママを みると
めを プチトマトみたいに まるくしました。

これで たまちゃんと ママと リオくんと リオくんママが
4にんずつ ぜんぶで 16にんに なりました。

「せっかくなので うちに よりませんか」と ママが いい
ほかの ママたちが 「ぜひ」と いったので
16にんで ぞろぞろと たまちゃんと ママの おうちへ むかいました。

すると なんと おうちの なかで
たまちゃんと ママと リオくんと リオくんママが おちゃを のんでいました。

これで たまちゃんと ママと リオくんと リオくんママが
5にんずつ ぜんぶで 20にんです。

5にんのたまちゃんと 5にんのたまちゃんママと 
5にんのリオくんと 5にんのリオくんママ。
「たまちゃん」と よぶと 5にんが いっせいに へんじをするので
「たまちゃん1ごう」から「たまちゃん5ごう」まで 
すうじで よびわけることにしました。
ママと リオくんと リオくんママにも すうじを つけました。

すうじをつけると まちがいにくくなりましたが
「どうして わたしは 4なの?」「2が よかったわ」 などと
わがままを いう ひとも いました。
 
20にんで にぎやかに ばんごはんを たべると
たまちゃん1ごうと ママ1ごうを のこして みんな おうちに かえっていきました。

きっと おうちも 1ごう から 5ごう まで あるんだね。


◆今井雅子日記2010年02月27日(土) 子守話108「たまちゃんとママとリオくんいっぱいのおはなし」に掲載。
[PR]
by imaicafe | 2010-02-27 01:51 | story
子守話107「そらとぶブランコ」
たまちゃんが こうえんに いくと おとこのこが ブランコの そばに
たって こまっていました。
「どうしたの」と たまちゃんが きくと
「ぼく ブランコが こわいんだ」と おとこのこ。

「だいじょうぶよ。たまちゃんが おてほんを みせてあげる」
そういって たまちゃんが ブランコを こいでみせると
「たのしそう。ぼくも やってみたいな」と おとこのこが いったので
たまちゃんと おとこのこは となりどうしの ブランコで
ならんで こいでみることにしました。

さいしょは ちいさく すこしずつ おおきく
たまちゃんが となりにいると おとこのこは こわくありません。

どんどん どんどん たかく たかく
ちょうちょさんより たかく ことりさんより たかく

すべりだいや すなばが ちいさく ちいさく なっていきます。
いつのまにか こうえんは ちいさな みどりの てんに なりました。

たまちゃんと おとこのこの ブランコは くもを つきぬけました。
「もう ぼく ぜんぜん こわくないよ」
おとこのこは すっかり ブランコが だいすきになりました。
「こんどは もとの こうえんに どうやって もどるか おしえて」と
おとこのこが いいましたが たまちゃんは わかりません。

だって ひとりで ブランコを こいでいるときは 
こんなに とおくに きたことは なかったのです。
となりに おとこのこが いるから どこまでも いける きがして
ぐんぐん こいで しまったのでした。


◆今井雅子日記2010年02月23日(火) ドラキュラとブランコ大好き、たま3歳6か月。に掲載。
[PR]
by imaicafe | 2010-02-23 01:49 | story
子守話106「たまちゃんと ふたごの どーもくん」
うちに あかちゃんが いるんです。
なまえは たまちゃんと いいます。
たまごから うまれたから たまちゃんです。

なんと あの どーもくんと おなじ たまごから うまれたんです。
そうです たまちゃんと どーもくんは ふたごです。
ぜんぜん にてないけど ふたごです。

どーもくんは はが ぎざぎざしているけど
たまちゃんは はが きれいに そろっています。
どーもくんは はなも みみも ないけど
たまちゃんは はなも みみも ついています。

なにより おどろくのは どーもくんの あしが とっても みじかいことですが
たまちゃんは あしは そこそこながくて スタイルばつぐんです。

ぜんぜん にてないけど ふたりは とっても なかよしで
おひるねの ときは いつも だっこしあって ねています。
ほいくえんの ももぐみさんでも いつも いっしょに あそんでいます。

どーもくんは 「どーも」しか いえませんが
「どーも」だけで いろんな きもちを あらわすことができます。
うれしいときは「どうも〜!」と げんきよく とびはねます。
かなしいときは 「どうも……」と しおれます。
おこったときは「どうもっ!」と めを つりあげます。
はずかしいときは ちいさなこえで「どうも」と いいます。

たまちゃんは 「あにょ」だけで きもちを あらわします。
いまは とっても きげんが いいので
「あにょ! あにょ!」と とびはねています。

たまちゃんと どーもくん ふたりは とっても いいこなので
そだてやすくて たのしいですよ。


◆今井雅子日記2010年02月04日(木) 子どもは世界を絵でとらえるに掲載。
[PR]
by imaicafe | 2010-02-04 21:43 | story